-へっどらいん-
~PICK UP!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑う男…

高3のとき、オレ夜一人で留守番をしていたのヨ。

その時は丁度10月頃。
「秋」って感じの静かな夜。
虫の声が外から聴こえてきてて、リビングでマターリ。

リビングの隣は両親の寝室になっていて、そこには古いドレッサーが置いてある。
鏡台ってやつかな。大きな鏡がついてる机。

何を思ったのか、オレはその鏡の前に立って「なんとか拳の構え」みたいなポーズをとりつづけた。
…他人に見られてたら多分恥ずかしさで死ぬ。

その部屋はさっき書いたようにリビングの隣。
襖で区切られた部屋だったけど、いつも襖は全開。
リビングの照明つけていたから、その部屋の明かりはつけてなかった。
ちょっと薄暗がりの中鏡に向かって怪しいポーズをするオレ。
と、目を閉じて瞑想→ゆっくり目を開くことをした時。

鏡の奥。薄暗い部屋の奥の押入れの前に、誰か人が立ってる。
??

洗濯物かなとはじめは思った。
でも違う。ちゃんと足がある。
体格からして男。

リビングから届くわずかな光で肩から下は確認できたが、ただ暗くて顔がどうしてもわからない。
でも結構若かったと思う。
微動だにしない鏡の中の男。

俺の頭の中で、「泥棒」とかの外部侵入者の推測は一切吹っ飛んだ。
何か「ヤバイ」ものだと頭が理解(認識)した瞬間。
オレは足を肩幅に開き両手を前に突き出した「瞑想の構え」のまま硬直した。

鏡の中のそいつから目が離せなくなる。
虫の声と、時計の「チッチッ」という音がいやによく聴こえる。
「動いたらマズイ」とか、「振り向いたらヤバイ」だの勝手な解釈でオレには鏡の男を見据えたまま動くことができなかった。

と、男の体が僅かに動いた。
肩を上下に揺らしている。

…こいつ、笑ってるんだ!
なのに、「クックック」とかの笑い声も何も聴こえない。
初めて体中がゾクッ! と恐怖に包まれた。
歯を食いしばってるオレ。
ただ肩を上下させ笑い続けるそいつ。
嘲笑してる感じがした。

と、男が突然歩き出した。
「こっちに来るな!」と思った矢先、そいつはリビングの方に消えていった。

鏡からそいつが消えてから、「うわぁ!」と意味の無い声を張り上げたオレは全速力で自分の部屋に戻って布団にくるまり震えた。

家族に言っても誰も信じちゃくれないし、そんな男には心当たりは無いと。
以来、そいつには会ってない。
よくわからない体験だった。



引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?19

関連記事
関連するタグ
RSS Feed Widget

この記事へのコメント


Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。