-へっどらいん-
~PICK UP!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下の休憩所…

学生の頃のバイト先での話です。

駅前のビルにテナントとして入ってたゲーセンで働いていたんですが、そこは1階と2階が店になってて、地下は我々バイトクルーの休憩所と物置になってました。

そのビルは何十年か前に閉鎖されたデパートを買い取ったもので、店として使っている場所の他はゴミや残骸が放置されていたりして、正直気持ちのいい所ではありませんでした。

あの日はシフトの都合で私は一人で休憩となりました。
夕食の吉牛を買って、地下の休憩所で食べていました。

この休憩所は昔は食料品売場だったそうですが、今は店などは取り払われ、隅の方に瓦礫が積まれていました。
だだっ広い地下の元食品売場は、自分たちが使う一角以外は蛍光灯も取り払われていました。

以前からクルー仲間から「ここは出る」とか「××が辞めたのは見ちゃったからだ」と聞かされていました。
一人きりでそんな所にいるのは正直気持ち悪かったのですが、まだそれほど夜も遅くなかったので平気だろうと自分に言い聞かせ、あとはあまり考えないようにしていたのです。

牛丼を食べ終えて一服しようとした時でした。
遠くでカツーンと何かが倒れる様な音がしました。

イヤな感じがして、奥の方を見ました。
「~ケテ~」と、子供の声が聞こえました。
これはヤバいと思い、一階の店に戻ろうとして椅子から立ち上がりました。
その瞬間 バーンと鉄扉を叩くような音がして金縛りの様になってしまい、動けなくなってしまったのです。

秋だというのに汗が流れ落ちるのが分かり、声だけが切れぎれに聞こえてきました。
「~ケテ~ ~ケテ~ ~ケテ~ ~ケテ~ ・・・」 

そしてフッと声が聞こえなくなり、突然背筋にもの凄い悪寒が走ると
バンバンバンバン!
という鉄扉を叩く音と共に
「開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!開けてー!」
子供の叫び声がすぐ後ろで聞こえたのです。

その瞬間金縛りが解け、もう後も見ずに店へと逃げ戻りました。
逃げている間も扉を叩く音と声は響き続けていた様な気がします。

階段を駆け上がり店に戻ると、私の異状に気付いた他のクルーが寄ってきました。
口々に「どうした!」とか「出たのか」と聞いてきました。
ですが荒い息も整わないうちに社員の店員がやって来て、私を事務所へと連れていき、色々と話を聞かせました。

曰く、昔デパートの食料品売場だった時に冷凍庫に子供が閉じこめられる事故はあった。
でももうすぐ本社の社員が上の階に入ってきたり、地下にもテナントが入る予定だから余計な事は言わないように、と。

そのバイトは試験期間になるまでそれからしばらく続けました。
今でも時々あの地下の休憩所と、子供の悲痛な叫び声を夢にみる事があります。


引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?19

関連記事
関連するタグ 職場
RSS Feed Widget

この記事へのコメント


Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。