-へっどらいん-
~PICK UP!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢に現れる女…

三年前からオレの夢の中にある「モノ」が出てくるようになった。

舞台は決まって自宅の廊下だ。
背後に気配を感じる。
振り向くと、天井に頭が擦れそうな程の長身の女が立っている。

顔全体を覆うぼさぼさの髪。
その隙間からどろんと濁った右目だけが覗いていた。
オレを生気の全く感じられない目で見下ろしている。

口も一部分だけ伺えた。
恐らく、「へ」の字型に歪み半開きになっているであろうその口からは、シュルルルルという音と共に何とも言えない酷い臭いを漏らしていた。

何故かオレには不思議と恐怖感は無かった。
──奴の顔が笑うまでは。

奴の顔が変化すると同時に物凄い恐怖がオレを襲った。
口の端がつり上がっていくところまでは覚えている。
とにかく、オレは奴が笑った瞬間、跳ね起きるようにして夢から逃れたのだ。

そしてそれから一年が過ぎた。
前の年にあの夢を見た日と同じ日付の夜。
奴は再びオレの前に姿を現した。

前と全く一緒だ。
笑うことがわかっているにもかかわらず、恐怖感が全くないところまで一緒だった。
唯一違っていた点は、「続き」があったということ。

奴は顔を歪ませニタリと笑うと、両手をゆっくりオレの肩へと伸ばす。
奴の指には爪がなかった。
正確に言うと、爪を剥がされて無くなっていた。
その手がオレの肩に触れるか触れないかという刹那オレは現実に戻っていた。

更に一年が経ち、「あの日」がやって来た。
オレは用心してその日は徹夜しようと思いコーヒーを飲んで完全に臨戦態勢だった。
しかし、午前1時を回った辺りから急激な眠気に襲われ、オレは眠りに落ちた。

やはり奴は現れた。
そして不気味に笑いながら俺の肩を思い切り掴んできた。
直後、オレは心臓が止まるかと思った。

奴の頭部がみるみるうちに膨れ上がっていったのだ。
そしてビキビキと音を立てながら口が裂け、がばっと大きく開いた。
酷い臭いだ。

オレの3倍くらいの大きさになった頭が、そのままゆっくり、ゆっくりと、オレの顔に迫ってきた。
喰われる。そう思った。
しかし逃げようにも肩を物凄い力で抑えられている。
足が思うように動かない。
喰われる。

オレの頭が奴の口の中に入り、目の前が真っ赤になった。
奴の歯が喉に食い込む。
感触はあるが、痛みは無い。
しかし恐怖感は半端ではなかった。

歯が喉を破る寸前というところで目が覚めた。
背中にじっとりと汗をかいていた。

もうすぐ「あの日」になる。
果たして次も目が覚めるのだろうか。


引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?18

関連記事
関連するタグ
RSS Feed Widget

この記事へのコメント


Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。