-へっどらいん-
~PICK UP!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドアチェーン…

私が大阪市内の、或るマンションに住んでいた頃の体験です。

11階建というかなり大型の、独身層狙いのマンションでした。
2DKとは名ばかり…玄関ドアからベランダまで筒抜けの狭い部屋でしたが、なにしろ駅近。
地下鉄御堂筋線で天王寺へ7分、難波へも13分で出られるという至便物件なのが魅力でした。

マンション生活の経験ある人なら分かるとおもいますが、ドアには大抵、小さな魚眼のドアスコープとドアチェーンが付いてます。

私はそのマンションにいる当時、ドアチェーンなど掛けたことがありませんでした。
エントランスはオートロック付、誰もが簡単に入れる建物ではなかったので、そこまでの必要は感じませんでした。

或る日、深夜の1時過ぎぐらいだったとおもいます。
夜更かし好きの私も、すべての灯りを消し布団の中にいて、そろそろ寝付こうとしていました。

その時、いきなり、ドアの方から“ガチャガチャ”
「鍵」を差し込んで回す音が聞こえてきたのです。
私は心臓が凍りつきそうになりましたが、すぐさま飛び起き、ドアに走り寄りました。

「ここは707号室ですよ、間違っていませんか!(必死でした)」
「…あれ、階を間違えたらしい」
という呟きがドアの外から聞こえ、まもなく何の物音もしなくなりました。

恐る恐るドアスコープを覗いてみると、かなり年輩の男女の二人連れが701号室の横にあるエレベーターの方へと、長い廊下を歩いていく後ろ姿が見えました。

たぶん、女性がこのマンションの住人なのでしょう。
難波辺りで飲んで、酔っぱらっていたに違いないと想像しました。
しかし、どれほど恐ろしかったか…。

それから数カ月後の、おなじような深夜でした。
その時も布団の中にいて、ウトウトしかけていると、また“ガチャガチャ”と、鍵を回す音が聞こえたのでした。
咄嗟に私は飛び起きましたが、前とは状況が違いました。

…ドアが開いたのです。
少し開いて“ガチャ”と止まりました。
ドアの細い隙間からは、廊下の灯りが差し込んでいました。

私はドアの所まで走り、声をかけることなく思い切り力をこめてレバーを引きドアを閉め、中から施錠しました。
そして勇気をだして、ドアスコープを覗いてみました。

しかし…人の気配はありませんでした。
長い廊下の向こうに、エレベーターの扉が見えていただけでした。

ドアが開き、私が飛び起きてドアまで走ったのは僅かな時間だったと記憶しています。
それとも、驚きの余り私は時間感覚を失っていたのでしょうか…。

あの時、ドアチェーンを掛けていなかったら、私はどうなっていたのだろう、何を目撃しただろう。
今、思い出してもぞっとします。


引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?18

関連記事
関連するタグ 関西
RSS Feed Widget

この記事へのコメント


Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。