-へっどらいん-
~PICK UP!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の山仲間の話です…

自分の山仲間の話です

神奈川県にある山奥の山小屋に彼は泊まっていた。
山小屋には彼の他に2人の男性、夏にしては異様にすくない。

風と木々のざわめきしか聞こえない山小屋で、この3人の男性達は夜遅くまでランタンに灯を灯し、高山植物の話や今まで登った山について語り合っていた。

夜中の1時ぐらいまでたっただろうか?
一人が「外から声がしないか?」と突然言った。
二人は言葉を止め耳を傾けた。

「ううっ助けて・・・助けてくれ・・・」
外から声が聞こえる。
こんな夜中に何故?と思いつつも彼等は外へと飛び出した。

そこには初老の男性が胸を掴みのた打ち回っていた。
彼はとにかく駈けより「大丈夫か?」と声をかける。
他の二人の一人は急いで所持していた携帯の無線機でSOSを送ろうとした。
だが、何故か繋がらない。

しょうがなく簡易救急箱を持ってくる。
初老の男性はあいかわらずかのまま苦しむ。

そして、動かなくなった。
彼はとりあえず脈を計ろうと腕に触れた。
だが、触ったとたんすぐに手を引っ込めてしまった。

何故なら暖かくもなく冷たくもない。
まるで物質のようなものに触れた様だったからだ。
突然、その初老の男の手がのびた。
その引っ込めた手を強く握る様に。

その男は苦しみの顔と言葉を放った。
「俺は苦しかったんだ、苦しくってここまできたんだ。
けれど、誰も居なかった。
小屋の前まで来たのに誰も居なかったんだ・・・・」
その初老の男の目からは涙が流れていた。

しばらく手を離さずに男は呆然としている3人の登山者達を見回した。
そして溶けるかのように地面に沈んでいった。

3人はしばらく無言で立ち尽くしていた。
一人が「もう遅いから寝よう・・・・」
そう言って3人は小屋へ入り何も言わず眠りについた・・・・。

その日の朝、山小屋を出た3人は夜中に起きた山小屋の前に行き、あの初老の男がこの地から帰れる様に・・・と祈り帰路についた。


死ぬほど洒落にならないにはいたらない話ばかりですまないです。
難しい・・・・


引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?18

関連記事
関連するタグ 関東
RSS Feed Widget

この記事へのコメント


Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。