FC2ブログ
-へっどらいん-
~PICK UP!~

叔父が亡くなった夜のこと…

今から15年前になります。
8月の終わりに福島にいた叔父が亡くなりました。
父は即日福島に行き、その夜は母と2人で留守番をしていました。

まだ、残暑の厳しい夜で、私は1階の仏間でクーラーをかけ深夜ラジオを聞きながら寝ていました。
(ちなみに母は、台所奥の寝室で寝ていました。)

夜中の2時過ぎぐらいでしょうか。
寝ていた私は急に寒くなりクーラーを調整しなきゃと、目がさめました。
が、体は動かなくなり、いわゆる金縛りにあった状態になりました。

つけっ放しだったラジオの音が急に不鮮明になり、うつぶせのまま動くのは目だけでした。
不吉な予感がして、腕に鳥肌が立つのがわかりました。

そして、母の寝ている台所奥の方から、ドン!ドン!というまるで何かが飛び跳ねているような音が近づいてきたのです。
そして、私の寝ているすぐ横の引き戸の前でそれは止まり、今度はゆっくりと階段を上がっていく足音に変わったのです。
私は、ただ怖くて声もあげられず、足音を聞くことしかできませんでした。

(おそらく)2階に上がっていったそれの気配が消えた瞬間、金縛りが消え、どっとながれる汗をぬぐうひまもなく片っ端から電気をつけました。
不鮮明だったラジオは普通の状態になっており、私は明け方日が昇ってくるまでじっとしていました。

母が朝6時過ぎに起きてきた時、私は夜中にあった出来事を早口で話していました。
母は音は何も聞こえなかったといっていましたが、台所の床がなぜか水浸しになっており、私が夜中に悪ふざけでもしたのかと思っていたそうです。

<後日談>
まだこの話を、旅行から帰ってきた兄に話す前のことです。
兄が「今日不思議なことがあった」と言うのです。(上記のことから2日後)

電車に乗っていた兄がふいに肩を叩かれ、振り向くと誰もいない。
電車から降り、階段を下りていく途中でまた肩を叩かれ、振り向くとやはり誰もいない。
家に着く直前に、人気のない道でやはり同じように肩を叩かれ・・・

兄は元々幽霊や霊魂を信じないタイプでしたが、さすがに気味が悪くなり、走って帰ってきたと言うのです。
私は、兄に上記のことを話し、2人でぞっとしたことを覚えています。


<39歳 会社員>


引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?17

関連記事
関連するタグ
RSS Feed Widget

この記事へのコメント

- 名無しさん・・・・怖い - 2016年06月07日 02:49:09

39歳会社員+兄が実家に居座ってることにゾッとした

- 名無しさん・・・怖い - 2016年07月18日 00:28:08

※1
今から15年くらい前って書いてあるけど
あなたの読解力の無さにゾッとした

Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ