FC2ブログ
-へっどらいん-
~PICK UP!~

助けてくれた霊…

この話は私が大学生入学当事から起こり、そしていつのまにか終わっていた私の実体験の記録です。

この一連の体験の始まりは入学当事、車の免許を取り立てではしゃぐ私が猫をひき殺してしまったことからはじまったようです。
その時は猫を轢いてしまったことはそれほど気にもしてなかったんですが、その数日後から奇妙なことが起こり始めました。

一人でいる時、後ろでパタパタ何かが走る音が聞こえたり、私が寝ているとオーディオが勝手に鳴り出したりと、軽いものからはじまったんですが、月日を追うごとにゆっくりとでしたが着実に激しくなっていきました。

そしてとうとう一年も経った頃、私はその正体を見るまでに至りました。
その姿は狐目の女の子。
赤い着物のような物を着ていたように思いますが、なんせ透き通っているのでよく見えません。
見るときは大体数秒で、長くても10秒ぐらいだったでしょうか?

それからというものイタズラがより物理的になっていき、私の寝ているベットの脇の本棚が崩れたり、勝手に椅子が動いたりと…
そして極めつけは私の所に大きな絵が落ちてきた時でしょうか…。
額縁のガラスがわれ、私に降りかかりました。
怪我こそ無かったのですがこれには参りましたね。
しかし人間の慣れというのは恐ろしい物で気にもしなくなったんです。

それから時も経ち、色々ありつつも何となく無視していたのですが、神戸の大震災が起きた時のこと。
地震が起きる1分ほど前のことでした。
寝ている私を揺さぶりたたく気配とともに私は飛び起きました。
そして聞いた声

「地震が来るよ、地震が来るよ…」

そして地震が来た時はほんとにビックリしましたね。
でも心の中では、地震の時で目を覚ましただけで、その後 余震が来ただけなんじゃないのかななんて勝手に思い布団をかぶりなおした時。
ぐらぐらという余震とともにはっきり聞いてしまったんです。

「揺れてるよ。危ないよ」って…

その後のことも少し書いておきます。
私のこの事情を知る友達としゃべってたときのことなんですが、私としては猫じゃなくって実は座敷童みたいなもんで、イタズラしてたものの肝心な時には助けてくれたんじゃないかと思ってたんですね。
でも友達の見解は違ってたんです。

「もしかしたら、地震で死なれては困ったんじゃないか?
自分で殺そうと思ってたから…」


引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?9

関連記事
関連するタグ 関西
RSS Feed Widget

この記事へのコメント


Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ