FC2ブログ
-へっどらいん-
~PICK UP!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊感体質…

霊感体質

私は今まで、霊といものに全く興味を持っていませんでした。
それが、去年の夏以来無関心ではいられない状況になってしまいました。
そのきっかけとなった出来事とは私自身の不注意による交通事故でした。
私の人生最初の霊体験は病院に入院しているときに体験しました。

その時、私は一週間生死の狭間をさまよっていたそうです。
もうろうとした意識の中で誰かが呼ぶ声が聞こえます。
なんだか懐かしいその声は10年くらい前になくなった私の祖母のものでした。

祖母は私を非常に可愛がってくれました。
その祖母が、初めてみるような怖い顔でこっちに来たらいけないと言っていたようです。
気がつくと病院のベットの上でした。

意識を取り戻し、しばらく不自由な入院生活を送っていました。
退屈なため、昼寝ばかりしていた私は夜中の1時頃に目を覚ます癖がついていました。
おかしな事に、目を覚ますと必ず看護婦さんが見下ろしているんです。

大きな病院ではありましたが、その看護婦さんには全く見覚えがありませんし、私が目を覚ましていることは明らかなのに、一言もしゃべらないでじっと私のことを見つめているのです。
何か声をかけようかと思っていると、看護婦さんは無言で病室から出ていきます。
昼間、その看護婦さんにはあったことはありません。

何とか、普通の生活に戻ることが出来たのですが、その事故を境に、妙なものを見るようになりました。
私が部屋で寝ていると、頭の上から大勢の人が話している声が聞こえます。
私の家は結構年期が入っていて、天井は板張りになっています。
何となく天井を眺めていると、天井の木目がだんだん人の顔になって盛り上がってきます。

そのまま見ていると、天井一面にびっしりと人の顔が浮かんでくる。
その顔は全部違う顔で、激しく口を動かしてしゃべっているのが分かるのです。
なんて言っているかはよく分かりません。

最近の出来事です。
先週、渋谷に遊びに行ったときのことです。
友達と一緒に歩いていると前の方からそれは歩いてきました。

それは男性のようでしたが、確かではありません。
というのは、それには頭がついていなかったからです。
一緒に歩いていた友達も、その方向を見ていたのですけど、気づいていないみたいでした。

それがすれ違った時に、軽く私の体に当たったんです。
その時、私には聞こえました。
『失礼』
本来、頭のあるべきところから聞こえてきました。

そして、今私の体験談を記入しているのですが、後ろから話し声が聞こえています。
もちろん、振り返っても誰もこの部屋にはいません。
でも、はっきりと話し声が聞こえています。


引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?7


続 霊感体質…
関連記事
関連するタグ 第六感
RSS Feed Widget

この記事へのコメント


Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。