FC2ブログ
-へっどらいん-
~PICK UP!~

山小屋で…

ンターネット怪談コンテスト 電脳百物語ふたたび
「山小屋で・・・」

先生の通う大学では、毎年12月下旬、東北の山中で2週間の冬合宿登山を行ったそうです。
その年は例年以上に雪が深く、先生たちは近くの避難小屋で宿泊する事になったそうです。

小屋につくと、既に別のパーティーがいました。

先生は先客が妙に静かなのが気にかかったといいます。
単に静かなのではなく、どうも沈鬱な雰囲気なのです。

夕食後、突然先客のリーダーがこちらに来て話を始めました。
昨日の吹雪の中、一人の新人部員が疲労と寒さで倒れ、意識不明に陥り、そして、今日の明け方、息を引き取ったそうです。

彼らは、奥にある押入の床板をはずし、遺体をシュラフにくるんで土の上に安置していました。

先生はゾッとし、『遺体と同じ小屋に寝ている』という生々しさが胸をよぎったそうです。

早めの消灯後、先生は疲れもあって早々と眠りに落ちました。
何時間経ったでしょう。先生は夜中にふと目が覚めました。

その時、どこからか微かに
『ガリ・・・ガリ・・・』
という音が聞こえてくるのです。

身を起こすと、同じ事に気付いているらしい周囲の者も起きています。
全員の眼は奥にある引き戸の方に向けられていました。

しかし、誰もそこを確かめようとはしませんでした。
『ガリガリ・・・』
という音はその後も断続的に聞こえてきます。

いつの間にか、誰もがその壁から遠ざかり、小屋の入り口付近に集まっていました。

先生は『もう、眠れないな』と思ったそうです。
とうとう意を決した向こうのリーダーが押入に駆け寄り、勢いよく引き戸を開けると、床板をはがしました。

「何も変わっとらんじゃないか・・・」
まるで自分に言い聞かせるような声だったよと、先生は話してくれました。

しかし、戸を閉めてしばらくすると、また
『ガリ・・・ガリ・・』
という音が聞こえてきます。
しかも、今度は引き戸までが
『ガタガタ・・・』
と鳴り出しました。

よく見ると、こちら側に向かって誰かが体を預けるように戸が大きく膨らんでいるのです。

そして、誰一人眠れない夜が明けました。
というより、山岳救助隊が到着して夜が明けたのを知ったそうです。

「何だ、これは!」

隊員の一人が戸を開けて床板をはがした瞬間、大きな声をあげました。

なんと、床板の裏には爪で引っ掻いたようなあとが、無数についていたのです。

赤いシュラフに包まれた遺体は、まるで何事もなかったかのように、全く変わらない状態でそこにあったそうです。


引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?7

関連記事
関連するタグ
RSS Feed Widget

この記事へのコメント


Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ