-へっどらいん-
~PICK UP!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長する水子…

引用元: 死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?276


洒落怖サイトで「たっちゃんとやばい仲間たち」という水子にまつわる話を拝見し、以前に先輩から聞いた事のある話を思い出したので失礼させて頂きたいと思う。
オチのない話であり、にわかなもんで駄文その他細かい事は多めに見てやって欲しい。

自分が当時可愛がってもらっていた女先輩の知人にAさんという方がいた。

ある日そのAさんに気になる相手ができた。

よくある話のようなもんだが、Aさんが惚れた相手は俗に言う遊び人で、不本意ながらもその方の子どもを孕んでしまい、いざこざの後に結局不本意ながら相手の子を人為的に流してしまう。

だがしかし、お決まりなのはここまでだった。

数カ月が経過しただろうか。
ある夜ふと眼を覚ますと、金縛りに遭い全く身体が動かない。

今まで体験した事のないような状況にAさんが恐怖におののいていると、どこからともなく赤ん坊の泣き声がする。

怖い、助けて・・・。

必死に目を瞑る最中、声のする方に気配を感じた。

「なんで見ちゃうんだろうねぇ、人間って。確認して恐怖を払拭したかったのかな?Aさんも見ちゃったらしいんだよね。声のする方を。」

先輩がそう言った瞬間、僕は唾を飲み込んだ。
「何がいたんですか・・・?」

Aさんが暗い闇の中を凝視すると、そこには四つん這いになりゆっくりとこちらに向かってくる影があった。
その間もずーっと泣き声は続いている。

声とともに近づいてくる主は、足元の方からだんだんと上半身の方へと這い寄り、丁度胸のあたりで止まった。

うっ。。。

「えっ。Aさん、感じちゃったんですか・・・?」
空気の読める僕は、こういうおちゃらけも忘れない。
その場に漂う嫌な寒気を拭い去るようにふざけてみた。
「バカ。そういう笑い話だったらいいのよ。それがねぇ・・・」

その日以来、Aさんの元には毎晩赤ん坊の泣き声と共に忍び寄る影が現れ、またその姿は月日を重ねるごとにあからさまに成長していっているそうな。
そう、まるで母の乳で成長していく赤子のように・・・。

ってのが、自分が聞いたお話です。
もう何年も前の話ですし、その後Aさんがどうなったかもわかりません。
勿論、その影も。。。
ただね、もし上記にあげたお話のように水子の霊が成長する時があるとしたなら。。
ゾッとしますよね。その世界では良くある話なんでしょうか?w
それでは長文、駄文失礼しましたノシ
関連記事
関連するタグ 水子
RSS Feed Widget

この記事へのコメント

- 名無しさん・・・怖い - 2016年11月27日 12:03:13

空気の読める僕は、こういうおちゃらけも忘れない。


空気の読める僕は、こういうおちゃらけも忘れない。

うっわこいつくそさぶい

Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。