-へっどらいん-
~PICK UP!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞いた人に怨念が飛び火する…

『先ほど○○駅で発生しました人身事故により、ただいま上下線とも運転を見合わせています。お急ぎのところ申し訳ございませんが・・・』

週末の夜、溢れんばかりの人で身動きのとれない新宿駅のホームに、駅員のアナウンスは繰り返された。
人身事故・・・すなわち飛び込み。
地方の人はぴんと来ないかもしれないが、東京では日常的に発生して、そのため電車の遅延に度々遭遇する。
「ちっ、早く帰りたいな」
俺は舌打ちした。
このところ俺の仕事は多忙を極めていた。
会社の決算資料作成のため徹夜のオンパレード。心身ともに疲れきっていた。

明日の土曜も出勤する予定だったので、金曜の今日は早めに退社した。
早いと言っても10時を回っている。
なのになんだ、電車が動いていないなんて。

40分程度待ち、やっと折り返しの電車が到着した。
待っている間にホームの人の数は恐ろしく膨れ上がっていたが、奇跡的に俺は席に座ることができた。
車内は超満員。
この時間帯なので、乗客の多くは一杯やっており、車内の喧騒は酷かったが、
俺は席に座ってすぐさまウトウトし始めた。

「チャーハン、ロック入りました」
「はい、チャーハンのロック入りました」
チャーハンのロック?
「すき焼き、さび抜きで」
「はい、すき焼きさび抜き入りました」
すき焼きのわさび抜き?なんだ、この注文は?
暗闇の中、居酒屋の店員風の若い男達の、威勢のいい声が鳴り響いた。
ああこれは夢の中なんだ。俺は気づいた。
だったら、この変てこな注文面白いんで、もうちょっと聞いてみてやるかと思った瞬間、俺は金縛りになった。

「お父さん、ストーブ、ちゃんと消した?」
今度は中年の女性の声だ。
さっきの居酒屋の兄ちゃんは遠くからの声だったが、今度は俺の耳元だった。
金縛りは一層強くなり、息苦しさの度合いは増していった。
声も出ない、眼も開かない、こりゃやばい・・・俺死ぬのか。
そして次の時、俺の思考の中に、全身血だらけで赤黒く染まったスーツを着た中年の男が、物凄い形相で現れた。
俺を睨んでいる。
うわぁ、この人はさっき飛び込んだ人だな、と直感したとたんに金縛りは解け、同時に眼が開いた。
目の前に見えたのは、先ほどの車内の光景と何ら変わらない、人・人・人・・・。変わらぬ喧騒。
車内アナウンスで、俺は最寄り駅の一駅前まで来ていたことを知った。

俺は怖い話とか心霊写真の類は好きだが、フィクションを好きなだけで、そういうものは信じていない。
だから、駅から家までの帰り道に、さっき起きたことについて次のように結論づけた。
居酒屋の兄ちゃんやおばさんの声は、夢うつつの中で乗客の騒がしい声がそう聞こえた。
金縛りは連日の仕事の疲れが原因。
血だらけの男は、人身事故をアナウンスで聞いていたから、その潜在意識が引き起こしたもの。
だけど、ただ一つだけ腑に落ちないことがある。
左手首に着けていた、初詣で高尾山で買った水晶の数珠のゴム紐が切れて、ワイシャツの袖のところで落ちかけていた。

家に帰ると、リビングでテレビを見ていた嫁さんが、俺を見るなりハッとした顔をした。
「何?びっくりしたような顔をして」と俺が言うと、
嫁さんはちょっと間を空けたあと、「・・・いや、今日は早いなって」とあわてて返してきた。
「帰るってメールしただろ・・・」
そこまで言って俺は押し黙った。
ああ、こいつ何かを感じてるんだな。それとも何か見えるのか。
嫁さんは俺とは違い、本人曰く霊感が強いらしい。
これまで色んな体験談を聞かされてきた。
それは本人からすれば、至極本気なんだろうけど、俺はいつも、はいはいって感じで受け流していた。
だけど今日は・・・さっきの電車の件を話してみようか・・・。
いや、やめとこう。面倒くさい。
それより疲れた。早く眠りたい。

俺はシャワーを浴び、ビールを飲み、用意された食事もそこそこにベッドに潜り込んだ。
嫁さんに見つかって変に話が展開しないように、切れた数珠をタンスの引き出しの奥に隠すのを忘れずに。

翌日からまた仕事に追われた。
電車の件は、俺の頭の中からすっかり忘れ去られていた。

2週間過ぎた金曜、その日をもって仕事も落ち着き、打ち上げを兼ね課の同僚達と飲みに行くことになった。
会社を出て居酒屋に向かう途中に、嫁さんの携帯に電話した。
「今日、会社で飲み会になったからメシいらない」
『あ、そう。それより数珠のことなんだけど・・・』
嫁さんはあの数珠を見つけたんだ。
同時に俺は、忘れていたあの電車のことを思い出した。
「いや、紐が切れたんで、引き出しに入れておいたんだわ。ゴミ箱に捨てちゃまずいだろ、ああいうもんは。どっかの寺とかで燃やしてもらったほうがいいと思って、保管しておいた」
俺は嫁さんに、霊感を発揮してもらいたくなかった。
そのため口をつく言葉にまかせた。
『引き出し?・・・・ポストでしょ、下の郵便ポスト。今朝家出るとき入れたんでしょ?』
「は?」
俺は訳が分からなくなった。
『そんなことより、聞いてくれる』
嫁さんの声は切羽詰っている。
『夕刊取りにポスト開けたら数珠があったんだけど、あの数珠の珠、ひとつひとつが真っ赤な血だらけの男の顔になって・・・・』
その続きの言葉は、目の前を走る改造したバイクの轟音でかき消された。
「おまえ何言ってんの?帰ったら聞くからもう切るぞ」
やめてくれ、やめて欲しい。俺は携帯の電源そのものをOFFにした。

「○○さん、何かあったんすか?」
飲み会の居酒屋で、生中ジョッキ片手に一人の後輩が俺に聞いてきた。
「別に?何で?」
「いや、さっきから暗いし」
「そんなことないよ、ハードワークで疲れてるだけだわ」
正直、嫁さんのことが心配になっていた。
早く家に帰らなきゃ。
タンスの引き出しに確かに入れた数珠がポストに入ってた?
その数珠の珠が血だらけの顔?あの電車で思い浮かんだ男か?
「そうですよ、○○さん働きすぎですよ。もういい年なんですから」
後輩社員が返してきた。
「うるせーな おまえらと5歳も違わんぞ」
「5歳の違いは大きいっすよwww 」
「ところで山口遅いな、何か連絡あったか」
3日間徹夜をして今日代休をとっていた同じ課の山口を、今日この居酒屋に呼び出していた。
でも大幅な遅刻。飲み会が始まって1時間たってもまだ来ない。
「いえ、遅れるって連絡はありません。さっき電話したんですけど、電波つながらなくて。けど、さっきネット見たら、人身事故かなんかでJR線動いてないみたいです」
「人身?」
一瞬俺は鳥肌がたった・・・気がした。
「ええ・・・それより追加注文していいすか・・・○○さんのおごりで・・・てか会社の経費で落としてくださいよ・・・こんなに決算頑張ったんですから」
「ああ、いいよ、何でも頼め。今日は交際費で落としとくわ」
俺は元気なく答えた。
後輩は俺の顔を見つめ、一瞬ニャって顔をした・・・気がした。
うっ・・・お、おまえ・・・まさか・・・『チャーハンのロック』とか言うなよ・・・。
「すんませーん!チャーハンの・・・」
そのとき目の前がぐるぐると回り、景色がかすんだ・・・。

あの飲み会の日のJRの人身事故。
山口当人が電車に飛び込んだものだった。
山口の身体はバラバラになり、首から上はいまだに発見されていないらしい。
嫁さんはその日以降、極端に口数が少なくなった。
たまに誰もいない隣の部屋で一人笑っているけど・・・。
「ヒヒヒ」って。
もちろん数珠の件は、その後まったく夫婦の会話に出ていない。

数週間後、俺は労働基準監督署に呼び出された。
山口の自殺は過労による鬱(うつ)が原因ではないかって、監督署から厳しく追求された。
俺は労働状況についてありのまま答えた。
そして最後に言ってやった。
「監督官は、すき焼きのお肉にわさびつける派ですか?」
俺を責め続けた監督官は、きょとんとした顔をしていた。

俺は監督署を出て、小○橋通を新宿駅に向かってトボトボ歩いていた。
もう夕方の時間だ。
今にも雨が降りそうな天気だった。
すると人ごみの中、こっちに向かって白い着物の女が歩いている。
それは言うまでもなく異常な光景だ。
遠くなんだけど、明らかに俺を見ながら歩いてきているのがわかる。
近づくにつれ、俺はその女の妙な動きに気づいた。
女は、右手で自分のお腹て言うか、着物の帯のあたりをパンパンとたたいている。

何やってんだ?

女はだんだん近づいてくる。俺を睨みつけながら。
パンパンてお腹のあたりを叩きながら。

おい、まじかよ。

10メートルくらいに近づいてきた。
だんだん小走りに近づいてきている。
もうそうなると、周りの人の流れは俺の視界に入ってこない。
あいかわらず帯のあたりを右手で叩いている。
パンパンって音が大きくなってきた。
女の表情が確認できた。
長い黒髪。そしてこの世のものでないような凄い顔・・・。

おまえ、まさかこの梅雨時期に、『ストーブの火がどうのこうの』って言うなよ・・・。
俺は自分の意思では思いつかないようなことを思っていた。

女が1メートルくらいの距離に俺に迫ってきた。

「ウギャー!」
俺は無我夢中で、女に背を向け大久保方面に走って逃げ出した。
後ろを振り返らずひたすら走った。

あれから・・・。
現在俺は多少遠くはなるが、利用していた路線ではなく、その南に走る電車で通勤している。
もう会社も辞めようかな・・・。
いや、その前に高尾山に行って新しい数珠買わなきゃ。
でもそのためには、またあの電車乗らなきゃいけないのか・・・。

あ、それから後だしで悪いけど、
上司にこの打ち上げをした居酒屋以降の話をしたところ、ある高名な女性占い師を紹介された。
もちろんその占い師にも、俺は居酒屋以降の話しかしていない。
居酒屋の前の話はしちゃだめだって、誰かに命じられているようだった。

俺の話を聞き終って、その占い師にこう言われた。
「この話は他の誰にも言ってはだめ。聞いた人に恐ろしい怨念が飛び火する。とんでもないことになる」
事実、上司は・・・。

【終わり】


引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1249333602/

関連記事
関連するタグ
RSS Feed Widget

この記事へのコメント


Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。