-へっどらいん-
~PICK UP!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドナルドに抱きつく子供…

まさに今さっき起こった出来事

腹が減ったんでマクドナルド行ったら小学生ぐらいの子供がいた
こんな時間に子供いたらまずいだろと思いつつ
普段ならマセガキが夜遊びしてるのかDQN親が連れ歩いてるぐらいにしか思わずスルーするけど
その子供が全裸でドナルドに抱きついてるとなるとさすがに無視できねー


スポンサーサイト

大幽霊屋敷「スイカ」

地名ははっきりしませんが、北アルプスの「何とか」という山。
そこは標高の高いところで万年雪というか、切り立った斜面一面に氷が張ってしまって、ツルツルになっていて、靴にアイゼンというノコギリの刃のような物を着けなければ一歩も登れないということです。
万が一にも足を踏み外すと、何百mも斜面を一番下に待ち構えている岩場まで、止まることなく真っ逆さまに滑り落ちてしまうそうなのです。

人間の体は頭が重いので、滑り落ちていく間に必然的に頭が下を向いてしまいます。
最後に岩場に強打して、まるでスイカ割りのスイカの様に
バカッッッ
と弾けてしまうそうです。

その死体はそこの山男たちの間では「スイカ」と呼ばれているそうです。
ちょうど水死体が「土左衛門」と呼ばれているように・・・


思いやり…

小学生のころ、お盆に1週間ほど母方の祖母の家に遊びに行った時の話。

その日は雨で、祖母が昼間行商に行っている間、弟と2人で留守番をする事になった。
2人でテレビを見ながら時間を潰していたが、「トイレに行ってくる」と言って席を立った。

そこから暫くして、ゆっくりと足摺をする様な足音が聞こえてきたので、
「ははーん。どうせいきなり現れて脅かすつもりだな」と思い、部屋の入り口付近を
暫く見ていた。


霊はエレベーターを知らない?

自営業で店をやってるんだが、バイトの女の子が、たまに霊を拾ってくる。
こないだも、白いワンピース姿の女の霊を引き連れて出勤してきた。
それまでお客さんで賑わっていた店内が、
夕方からのかきいれ時だというのに、ぴったり客足が止まる。
どころか、たった20分で店内のお客さんゼロに!
天気も良く、いつも通りの照明なのに、急に店内が暗く感じられる。


俺は一体誰だ?

いろいろ考えていたらこんな時間になった。
オカルト好きだが、まさかこんなことになるとは思ってなかった。
気が動転している、もしかしたら俺自身がオカルトなのかもしれない。

俺の家族はほとんどが見える系で、俺だけ特異的に見えない。
弟も妹も従兄弟も見えるのに俺だけ見えないんだ。
それで、家族内では拾われてきた子だ、とかからかわれるんだが、俺はちゃんと血の繋がっているから、不気味なのを目にしないでいいってんで両親も喜んでいた。
詳しくは分からないが、俺の祖先はある大名に仕えていた武士らしく、ある戦の最中に不意打ちの形で殺した相手の武士に、死人の苦しみを見せられるっていう呪いをかけられたらしい。


葬式の帰り道…

実は今日、いや、もう昨日だな。
俺の友人の葬式があったんだ。
それで、その友人と仲の良かった友達が何人かが葬式に呼ばれて、俺もその一人だったわけ。
死んだ友人は女の子でさ、面倒見の良い優等生だったんだ。

ダチは車とか持ってないから、電車で行くことにしたんだけど、俺は電車ってどうも駄目で、それに切符買う金にも躊躇するくらい金欠だし、香典も包まなきゃいけなかったから、バイクで行くことにしたんだ。
最寄の駅でダチと待ち合わせてから葬式に参列した。
県外だったから結構かかった。
朝6時に起きて、8時に着替えを持って出かけて、最寄り駅についたのは10時前。

泣くまいとしても泣いちまうもんで、目が真っ赤になるくらい泣いた。


聞いた人に怨念が飛び火する…

『先ほど○○駅で発生しました人身事故により、ただいま上下線とも運転を見合わせています。お急ぎのところ申し訳ございませんが・・・』

週末の夜、溢れんばかりの人で身動きのとれない新宿駅のホームに、駅員のアナウンスは繰り返された。
人身事故・・・すなわち飛び込み。
地方の人はぴんと来ないかもしれないが、東京では日常的に発生して、そのため電車の遅延に度々遭遇する。
「ちっ、早く帰りたいな」
俺は舌打ちした。
このところ俺の仕事は多忙を極めていた。
会社の決算資料作成のため徹夜のオンパレード。心身ともに疲れきっていた。

明日の土曜も出勤する予定だったので、金曜の今日は早めに退社した。
早いと言っても10時を回っている。
なのになんだ、電車が動いていないなんて。


はじまり…

かれこれ十年ちょい前の話です。
横浜にあった内装工事屋で見習工みたいな感じの仕事をしてた時の話です。

都内のあるマンションの洋間の改修工事の依頼が来ました。
築年数はその当時で10年前後でしょうか、割と名のある通りに面したごく普通の外観でした。
依頼された方は二年前に購入されたそうです。

現場は一階でした。
八畳ほどの洋間の床と壁紙の張り替えが主な内容です。
依頼を請け、現調に行った時に家主から相談を受けました。
「床下からたまに物音が聴こえる」
現場は一階だった事もあり、躯体の隙間から鼠等が入り込むケース(鉄筋やモルタル工では稀ですが)もあるので原因を突き止めて補修します、と対応しました。


友達の「命日」…

俺の高校時代の話。夏休みのある日
よくつるんでた友達の家に集まる事になってSというやつの家にしようってなった。
まあ お泊り会だな。


不気味なお面…

学生の頃友人Tから聞いた話。

ある日Tが友人BとAの家に遊びに行った。
普通の家なんだけど、階段に不気味なお面が飾ってあったそうだ。
目を彫刻刀で掘ったような、真っ白い能面のようなお面で、
なんとなく気持ち悪いと思いながらその階段を上り、
二階にあるAの部屋へ。だらだらと数時間過ごし、
そろそろ遅くなってきたので帰ることに。


NEXT≫
Twitter
Twitterボタン
最新記事
オカルト系アンテナ
カテゴリ
タグクラウド

関東  電話 関西 職場 肝試し 人形 トイレ 第六感 九州 自殺 中部  水辺 大幽霊屋敷 エレベーター 虫の知らせ  動物 有名人 東北 海外 固有名詞 こっくりさん 中国地方 霊感主婦 死神 北海道 タクシー キャンプ  くねくね  禁足地  ドッペルゲンガー 投稿 行方不明 因果応報 ストーカー 生霊 下男 水子 守護霊 死ねばよかったのに 時空間 稲川淳二 墓地 誰それ? ホテル Tさん オカルト道の師匠  学校 戦争 トンネル 中古品 コトリバコ 四国 東尋坊 猿夢 学校の怪談 七人ミサキ  後味が悪い 巣くうもの 廃病院  デジャヴ  樹海 かなりやばい集落見つけました 幽体離脱 林間学校 風呂 有名人談 牛の首 踏切 犬鳴峠  縦読 ヒサルキ 北陸 霊感腐女子 廃校 私の部屋 廃村 カラオケ 迫りくるモノ 俺達友達だよな 慰霊の森 髪の長い影 エイズ 廃墟 ミヤウチ様 八甲田山 神隠し 宗教 恐山 舞台 鍵穴から いとこ会 白いリアルカオナシ ひとりかくれんぼ 疳の虫祓い クリスマス 占い 鍾乳洞 火葬場 古墳 口裂け女 デジャブ 首切り場 首都高 花子さん 阿蘇 砲兵森 リョウメンスクナ 病院 朝里病院 事故 コイヌマ様 遊園地 拉致 花魁淵 八十八ヶ所巡り ヤマキの墓  

来客
アクセスランキング
このサイトで人気の怖い話
ブログパーツ
検索フォーム
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ランキングサイト
リンク
今までの怖い話
ネットに蠢く怖い話
最新コメント
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。